2018年1月22日

ユージンスミス展

寒い寒いと言って、まるで冬眠のごとく外に出ることがないこの頃・・・。
外気温を確認して久しぶりの外出です。
恵比寿にある東京都写真美術館。よく秀雄さんと行った写真美術館へ。


今回は、フォトジャーナリスト・ユージン・スミス 生誕100年展に 。
グラフ雑誌「ライフ」で見た水俣病のドキュメンタリーが特に印象に残っています。
会場内の写真を見て回り、その瞬間を映像に残す作業は根気と気迫を感じます。
その1枚が全世界に発信され人々の記憶に残る。
どの写真を丁寧に見て回ると時代を感じさせてくれる報道写真。


 悲惨な事故や戦争。目を背けたくなる写真の中にもホッとする平和な写真もあり、
心が穏やかになります。


 ほとんどがモノクロ写真です。陰影の濃淡で強く印象に残ります。

美術館散策は久しぶりです。やはりいいな〜と改めて感じた今日。
帰り道コーヒーでも飲みたくなってお店の前まで行っても、まだ一人で入れない私。
結局自宅に帰り暖かいコーヒーで一休み。

今年は自分時間を大事にして、いろいろなことを楽しむ手始め。
はじめの一歩!!!