2019年8月21日

ルバーブに恋して

山の家からのお土産はルバーブ。
ソビエト連邦などの寒い地方に植わっている野菜。
初めて見たのは今から17年ほど前、信州丸子のツルヤスーパーマケットで。
見た感じは蕗?セロリの細いの?不思議な野菜のルバーブ。
そのままかじれば、青リンゴのような甘さ控えめで酸っぱく,さっぱりとした味わい。へぇ〜こんなの初めて・・・。
そのころは野菜のジャム作りにとても興味があったので早速ジャム作りを。


今回は諏訪南の野菜市場で買い求めました。
このルバーブは根元近くが赤大根のような紅色で上の方に行くと黄緑色に、その先は大きな葉がありますが店先には茎だけ並んでいます。
市場では紅色の部分と黄緑色の部分とに分けて売られています。便利になったもんですわ。
ジャムにすると紅色の方が色が美しいので人気があるのでしょうね。
昔は分けずにそのまま4本ほどを束ねて売られていましたから。

手間が省けて便利だわ。でも紅色は黄緑の2倍のお値段。
味は同じように思えるんだけれどね〜。

作り方は簡単です。2cm長さに切り、鍋に入れてグラニュー糖をまぶしてしばらく置いておくだけ。するとグラニュー糖がルバーブの水分を引き出してくれます。それから中火で煮ます。あまりに過ぎないのが美しい色合いになるポイントです。

そうそう砂糖はグラニュー糖を使う方がこれも美しい色合いとさっぱりとした味わいになります。最後にレモン汁を加えると紅色はより一層鮮やかな色合いに。



煮沸消毒した瓶に詰めて、ラベルを貼り付けて出来上がりです。
あ〜あ、もっとルバーブを買ってくればよかったと毎年思う夏の思い出。