2019年8月21日

ルバーブに恋して

山の家からのお土産はルバーブ。
ソビエト連邦などの寒い地方に植わっている野菜。
初めて見たのは今から17年ほど前、信州丸子のツルヤスーパーマケットで。
見た感じは蕗?セロリの細いの?不思議な野菜のルバーブ。
そのままかじれば、青リンゴのような甘さ控えめで酸っぱく,さっぱりとした味わい。へぇ〜こんなの初めて・・・。
そのころは野菜のジャム作りにとても興味があったので早速ジャム作りを。


今回は諏訪南の野菜市場で買い求めました。
このルバーブは根元近くが赤大根のような紅色で上の方に行くと黄緑色に、その先は大きな葉がありますが店先には茎だけ並んでいます。
市場では紅色の部分と黄緑色の部分とに分けて売られています。便利になったもんですわ。
ジャムにすると紅色の方が色が美しいので人気があるのでしょうね。
昔は分けずにそのまま4本ほどを束ねて売られていましたから。

手間が省けて便利だわ。でも紅色は黄緑の2倍のお値段。
味は同じように思えるんだけれどね〜。

作り方は簡単です。2cm長さに切り、鍋に入れてグラニュー糖をまぶしてしばらく置いておくだけ。するとグラニュー糖がルバーブの水分を引き出してくれます。それから中火で煮ます。あまりに過ぎないのが美しい色合いになるポイントです。

そうそう砂糖はグラニュー糖を使う方がこれも美しい色合いとさっぱりとした味わいになります。最後にレモン汁を加えると紅色はより一層鮮やかな色合いに。



煮沸消毒した瓶に詰めて、ラベルを貼り付けて出来上がりです。
あ〜あ、もっとルバーブを買ってくればよかったと毎年思う夏の思い出。

2019年8月19日

夏休み・山の家を後にして

さあ! 山の家の夏休みも今日14日で東京に帰ります。
朝から掃除や荷物のまとめそしてゴミの整理をして水抜きを澄ませば出発です。
家の周りには毎年美味しそうなキノコが。
素人には毒キノコか食べられるキノコか判らない。そっと眺めるだけです。


いつものように諏訪南から中央道に乗ります。
その高速に乗るまでの風景は八ヶ岳や南アルプスの山々そして麓には青々とした稲穂。
秋になると黄金色に埋め尽くされる田園。
夏雲と雨雲との共演の空模様。




渋滞に巻き込まれないように家路を急ぎます。
今年の夏休みも元気に過ごせた事に感謝です。


2019年8月18日

山の家から夏休み3日目

山の家からの夏休み3日目も皆様は朝からトレーニング。
私も予定を聞いてもあまりにもハードなので覚えきれないくらいです。
どうも今日は八島湿原までのロードらしいです。
八島湿原は霧ヶ峰よりももっと先の所。皆様怪我やトラブルがないように・・・。
最終日なので車で白樺湖まで行き、そこに車を駐車場においてみんなはバイク?
またはマラソンで目的地まで行く予定だそう。


夕方はイタリアンレストラン「ROTONDO」東京広尾本店の2番目のお店が小渕沢の道の駅にあります。そこで夕食の予定だそうです。みなさんから私も誘っていただきました!
思いがけないお誘いに嬉しい〜!!!。

大きなピッザ釜が目に飛び込んでくる白を基調にしたシンプルな店内はすでに満席です。
テラス席には大型犬を連れたご夫婦。犬の躾が素晴らしく、他の犬を見ても知らんぷり。ご夫婦が食事中も静かに待っています。思わず「偉いわ〜」って。叫びそうになります。
家族連れの方たちは小型犬2匹、こちらも吠えたりしないでゆったりと。
まるでヨーロッパの通りのカフェのよう。

食事は地元の野菜やジビエなどを使った料理が多くて野菜の甘さや肉の新鮮さに思わず美味しい〜。そして手作りのチーズや生ハム。
その中に馬肉のローストビーフもありました。
馬肉と聞いただけであの優しい眼差しの馬が目に浮かびとても食べられません。
でも2切れ頂きました。柔らかくて癖もなくなんと美味しいことでしょう。
でも食べながら少し胸が詰まります。感謝してゆっくりと味わいました。

 






楽しい夕食を終え、お店を出ると大きなお月様の光がぼんやりと辺りを照らしています。
交通渋滞の予報を聞き皆様はそれぞれの家路に帰られます。
私も長男と一緒に山の家にもう一晩してから東京に帰ります。


2019年8月16日

山の家から夏休み2日目

爽やかな風と鳥の声に目覚める山の家の2日目。
メンバー達は朝から元気な笑顔でおはようございます!


さて昨日のバーベキューの前にちょっとしたトラブルが・・・。
大きなドラム缶の燻製器から数匹の蜂が出入りしています。昨年も軒下に蜂の巣があり駆除してもらったばかり。ところが最近使っていないドラム缶にどうも蜂の巣があるらしいのです。昼間の1人時間の時はベランダでのんびりと読書を楽しむ私の周りを蜂が飛び交っていましたが静かにしていると攻撃もなくまたどこかに飛んで行くので気にしなかったのです。

夕方皆んなが帰宅したら1匹がSさんの腕辺りをチクリと刺してみんなびっくり!!!
すぐに絞り出して冷やしたりキンカンをつけたりと。Sさん鈍い痛みが残るものの腫れも少なく様子見になりバーベキューは中止で室内での食事にしようかしらと・・・。
でもみんなベランダでベーベキューがいいとの意見。
そこで男性達がこのドラム缶の入り口をきちっと蓋をして下から炭火で燻そうと。
蜂たちパニック状態でますますブンブンと。殺虫剤も使い切りさてどうしたものかと。
そこでまた殺虫剤を買いに車で。殺虫剤もゴキブリジェットしかなくそれを買って隙間から噴射!
攻撃された大変と思いながら見守って出てくる蜂を確実に撃ち落とします。
そんな訳で昨日は落ち着かないバーベキュー。でもお酒も入る頃は飛び交う蜂もいなくなり楽しいひと時。

さて2日目もベランダでのバーベキューです。
今夜はポークリブと豚トロ、鶏もも肉や野菜など。蒸し鶏のサラダに、なすとピーマンの煮浸しも加わって本日も品数豊富で美味しそうです。


楽しく食べて山の夜は静かに眠りにつきます。

2019年8月14日

恒例の夏休みは山の家で。

8月10のお昼頃、自宅を出て中央道に乗り、車の数は多いけれど渋滞もなく諏訪南インターで降ります。食材をたっぷり買い込み16時前には山の家に到着。
もう都会の蒸し暑いのを瞬時に忘れさせてくれるこの気温。
なんと24度!!!!!


5月に来て以来締め切った室内の空気を入れ替えます。
雨戸やガラス窓に扉を開け放すと、さ〜と心地良い風が吹き抜けます。
ベランダに出ると樹々の木漏れ日がまるで宝石のようにキラッキラッと輝き、思わず大きく深呼吸。緑の空気を胸いっぱいに吸い込みます。


さて今回は長男のトライアスロンの仲間たちと一緒です。
急に息子や娘が増えたよう。
初日の11日はそれぞれの各自の車を白樺湖に置き、バイクで車山高原、霧ヶ峰そして茅野駅前の50mプールで泳ぎ、またバイクで白樺湖に戻り銭湯に入り、ようやく山の家に。
これがトライアスロンのハードなスケジュールなの! 驚きです!
でも満足そうな笑顔を見ているとなんだか眩しくて輝いているよう。


さあ!夜は恒例のバーベキューです。まずはビールで乾杯!
骨つき塊ラム肉を焼き、焼き鳥、野菜はトウモロコシに大きなしいたけにピーマン。
お正月の残りの切り餅もあったのでそれもバーベキューの炭火で焼くと美味しいこと。
おしゃべりも弾めばビールからワイン、焼酎と。
空いた缶ビールに空き瓶を見るとどんなに皆様が楽しんで下さったか嬉しくなります。



明日は山の家から美が原までマラソンですって!!!
テレビがない山の家は、気がつけば真っ暗な夜に。


2019年8月9日

暑中お見舞いと誕生会

暑中見舞い申し上げます。
こう暑いとなんだかボ〜ッとするこの頃ですが、久しぶりの嬉しいお出かけです。
8月3日、みんなの都合がつき鎌倉で次男と孫の誕生会を。
次男は42歳、孫は4歳に。そしてもうすぐ2番目の孫の誕生も。
こうしてまたみんな揃ってランチ会ができることに感謝です。
それにしても鎌倉も厳しい暑さで、いつもより人出は少なく沿道のお店も心なしか活気がないよう。寄り道もせずに直にレストランに。


さて恵比寿の東京都写真美術館・世界報道写真展に。
暑い日中を避けて夕方に行きました。
この写真展は秀雄さんといつも一緒に見にいく写真展です。
思わず目を背けたくなる1枚1枚の場面。こちらまで思わずホッとして笑顔になる1枚。そして自然の美しさに目をみはる1枚。
世界では大変な状態でも日々の生活は過ぎていきます。
美しい地球でみんなが穏やかに過ごせますことを祈ります。
会場を出ると夕陽が差し込み厳かな気持ちに。さあ〜また一歩進みましょう。


今週の黑田民子の家つまみでひとやすみは
「ピリ辛だれで味わう蒸し鶏」です。
この暑さですもの電子レンジでの調理は嬉しいですよね。
レンジで蒸している間に味噌とマヨネーズ、酒、砂糖、豆板醤を合わせてピリ辛だれを作ります。面倒な方は市販のベトナムのピリ辛ソースを使っても。
ネギを添えていますがパクチーがお好きな方はパクチーを。



2019年8月1日

8月のスタート!

梅雨が明けたら予想通りのうだる暑さの毎日。
日中はできるだけでかけないようにと思っても用事があるので出かけます。
あまり汗をかかない私もこの暑さで体中の汗が、これでもかと言う勢いで吹き出ます。
あ〜あ今年の夏も酷暑だわ・・・。

さて気を取り直して今週の「黑田民子の家つまみでひとやすみ」は
ブルーキュラソーの氷菓子です。
グラスに澄み切った青い海を閉じ込めたようなひんやりとした氷菓子。
沖縄の海に潜ったことはないけれど、きっとこんなに美しいブルーなんでしょうね。
ブルーキュラソーとグレープフルーツを冷凍庫で冷やし固めます。


 7月最終の日曜日は横浜でワークショップに参加です。
以前お仕事でお世話になった方がヨーロッパビンテージアクセサリーの手作りアクセサリー作りのコン座に参加です。
あらかじめ私のイメージに合わせた石を選んでくださりネックレスと指輪を作ります。
もっともそれぞれのパーツに石をはめ込むだけなんですが、力加減が難しくて。
いつも大ぶりのアクセサリーが好みですが、こんな風に可愛らしくてエレガントなアクセサリーは嬉しい〜。身につけてお出かけしてくださいと。
そうよね。おしゃれしてお出かけをしましょう。


代々木上原の友人宅で素敵な出会いが・・・。
まるでイタリアのアパートメントのように玄関ホールは重厚な室礼にグリーンの坪庭。
写真は建物の周り廊下に面していています。
日本のマンションのように横一列の廊下ではないのが新鮮です。


一階ロビーは、外の暑さを忘れるくらいにガラス戸の中はひんやりとして吹き出た汗がスーと引く感じです。お友達は住居の一部を画廊として作品を展示販売をなさっています。
すでに有名な方から新人作家まで。目の保養をさせていただきました。
素晴らしい作品を見せていただきお抹茶をご馳走に。












そして女性4人揃って代々木上原で和食を。
こんな贅沢なひと時ありがとうございました。
そうそう代々木上原といえばバブルの頃の億ションマンション建設を手がけた東高ハウスがあったところ。秀雄さんと一緒に行った駅前のお寿司屋。今も健在です。

さて8月も暑さに負けないように過ごしましょう。


2019年7月22日

忙しいから・・・本を読む。

あ〜あ〜やることがあるのに。こんな時に限って本が読みたくなる私・・・。
先日も図書館に行き、エッセイ集の戸棚をさっと見ます。気になる表紙のタイトル本を数冊手に取ります。



まずは「ミラノの太陽、シチリアの月」内田洋子

ミラノは、フィレンツェで長男が結婚式をあげるために初めて訪れたイタリア。
そして秀雄さんのミラノサローネの取材を兼ねて家族揃ってミラノに。
ミラノの街並みは、重厚な建物のブランド通りから石畳の狭い通りに面したパン屋さんやピザ店。そして狭い店構えなのにおしゃれな靴屋まで。毎日覗いても見飽きないお店ばかり。そうそう広場では朝方に開かれた蚤の市にも行ってきました。
そこでジャケットとズボンも買ったことも。

そんな思い出があるので本棚から迷わずに手に取り夢中に。
もうミラノのアパートメントに住んでいるかのような錯覚を覚えるくらいです。
人々の生き生きとした会話から家の様子。食事の様子。
庭の草花まで手に取るような描写に一度だけ訪れたミラノが目に浮かぶようです。

好きな作家の内館牧子さんの「毒唇主義」(どくしん主義)
いつもながらの辛辣な観察と言い回しにクスッとしたり。

 桐島洋子の「本当に70代は面白い」頷くことが多かったわ。

そして城山三郎「そうか、もう君はいないのか」
ちょっと切なくなり涙ぐむ箇所もあり・・・。
幸せなお二人を垣間見た本。私も忙しくしていると忘れていることがあるけれど
ふとした時に「もう秀雄さんはいないのね・・」と思うことが多々あります。

さあ〜リセットして、まずは仕事を片付けましょう!

2019年7月18日

久しぶりの晴れ間

昨日は東京に久しぶりの太陽が眩しく輝いていました。
まあ〜何日ぶりでしょう。日が射すと急に蒸しやすくなります。
梅雨空続きも嫌だけれど、梅雨があけると今度は猛暑!
昨年の夏の吹き出す汗の毎日を思い出します。

さて週刊朝日の連載が始まり今週はもう10回目です。
今週はまたまた梅干しが隠し味で使っている「簡単なめろう」をご紹介です。


そういえば9回目は「簡単ガスパチョ」も梅干が隠し味に。
細かく刻んだ梅干の塩味と酸味がとても良い塩梅です。



猛暑が今年もやって来ます。夏バテ防止に水分補給だけでなく塩分も。
この夏も梅干が大活躍です。

西崎さまから今年も季節のお便りとして鬼子母神の朝顔市から届いた
「鉢植えの朝顔」
渋谷の事務所のベランダで朝顔に水やりをしている秀雄さんの姿が今も目に浮かびます。
ありがとうございます。東京は梅雨空の毎日。朝早く可憐な花もミストのような雨に濡れそぼれ可愛そう。大鉢に花だけを摘み取り花鉢にしてまた楽しみます。
朝顔も嬉しそうに見えます。


さあ〜今日はビックサイトまで行って来ます。駆け足の今週も早、木曜日・・・。

2019年7月8日

タヌキが腰を抜かす!

7月はもうそろそろ梅雨明けの頃ではなかったかしら・・・。
このところの東京はもう雨雲に包まれた日々が2週間ほど続きます。
木々もしっとりと濡れ少し寒そうに見えます。
私も肌寒く感じ夏は何処に・・・なんて思っています。

そんなこの頃にパッと花が咲いたような展覧会に行ってきました。
銀座三越でニューヨーク在住のアーチスト。堂園まりこさんの個展に。
美しい色彩に金箔が施された絵はまるで花束のよう。
そう言えばクリムト展にも金箔が使われて華やかな画風に女性の美しさが一段と引き立てたように感じられたこと。
堂園まりこさんの絵も白い壁に飾ると花畑が広がるような気がします。

今回は週刊朝日でお世話になっています赤根さんとご一緒に行ってきました。
作品展の後は久しぶりの銀座でランチを楽しみます。








銀座4丁目交差点にNISSANビル内の7F THIERRY MARX JAPAN(ティエリーマルクス・ジャパン)でフランス料理を。たまにはこんな贅沢なひと時もいいかも・・・と。


 7Fからの眺めは最高です。
赤根さんとのおしゃべりはいつもたくさんの知らないことがありとても刺激的。
彼女は鎌倉にお住まいなので夜遅く車で帰宅すると夜道でタヌキに出くわすこともあると。タヌキは車のライトにびっくりして腰を抜かすこと。
本当に動けないそうです。そこで彼女が車から降りてタヌキを道はしに動かすそうです。


この話を聞いてなんだか一層タヌキが可愛く愛おしいくなります。
私がタヌキと出会ったら私も腰を抜かすことでしょうね。
なんだか昔話のようで美味しいお料理が一層盛り上がったひと時。


帰宅後長男に話すと「母さんもたまにはこんな素敵な時間を過ごすのはとても良いね〜」とまぁ〜嬉しいことを言ってくれるのね。
そうね〜これからは少しずつ私の楽しみを増やすわね〜と。

さあ今週から少し忙しくなります。頑張ろう!!!

2019年7月1日

息子たちと誕生日会

それぞれが忙しくしていたので今年はお誕生日会は無理かしら・・・と思っていましたが
6月の最終土曜日に渋谷でみんな揃って食事会を。

やはりハッピーバースディーの歌を聴くと嬉しいのはなぜかしら・・・。
孫もたくさん食べておしゃべりをして。その孫も8月にはお兄ちゃんになります。


メニュー選びは息子たちのセレクトです。
まずは生ハムにチーズ、オリーブなどの盛り合わせから。最後のパスタは流石にお腹いっぱいで一皿をみんなで分けました。


お店には連絡を入れてくれていたのでしょう。
ハッピーバースディーの歌とケーキがテーブルに!
誕生日は6月12日なのでびっくりです。お店のマスターのバリトン並みの美声にもびっくりと2重の驚き。ありがとう。嬉しいひと時でした。











最後はお店で記念写真を。
楽しくて美味しい誕生会をありがとう。またたくさんの元気をいただきました。

さあ!今日から7月になりました。
新しい仕事も始まります!

2019年6月23日

梅雨ぞらを跳ね返す華やか梅ソース

皆さま梅仕事で忙しいでしょうね。
梅酒や梅ジュースに使う翡翠色の青梅から始まり、今は完熟梅が店先に。
そう梅干作りが始まりました。
最近は少し早く店先に並び始め少し慌てる私・・・。

さてこの梅干を塩の代わりに調味料の一つとして活用しています。
今週の「黒田民子の家つまみでひとやすみ 」は白味魚の華やか梅ソースです。



野菜は玉ねぎ、きゅうり、トマト、大葉と梅干のみじん切り。
そしてオリーブオイルと酢で混ぜ合わせたソースを作ります。
さっぱりとして梅がいい塩梅で引き立ててくれます。
野菜はミョウガも加えても良いかも。

今回は白身魚を塩胡椒して蒸したものにかけています。
または鶏胸肉を薄切りにして片栗粉をまぶしてさっと湯通して冷ましてから、
このソースをかけてもさっぱりとして美味しいですよ。

我が家のミニガーデンの紫陽花が雨にぬれてより鮮やかな姿を見せてくれています。

2019年6月18日

黒田民子の家つまみでひとやすみ・母から娘に・・・。

嬉しいお知らせです。家事の歳時記「母から娘に伝えたい。幸せの台所仕事」宝島社出版
料理家の鈴木登紀子さん、野田琺瑯の野田喜子さん他6名の方々の日常の台所仕事などをご紹介のムック本です。私も最後の8番目に登場させていただいています。



大好きな台所での撮影や日々の常備菜、思い出の料理や日常の飾らない一コマも。
お時間があれば手にとってご覧いただければ嬉しく思います。




すっかり遅くなりました。
黒田民子の家つまみでひとやすみ Vol5 「昆布で野菜マリネ」です。
酸っぱいピクルスは苦手。特に男性の方はね。
このマリネは出汁昆布を細切りにして酢は控えめの液に漬けたマリネ。
漬けて2〜3日が食べごろ。サラダ感覚でも、また鰹節をたっぷりかけて冷酒の肴にも。



お誕生日にまた美しお花をいただきました!
花束をいただくと笑顔が溢れて嬉しくなるのはなぜかしら・・・。
きっと花をイメージして選んでくださるのが嬉しいからよね。
リネアタラーラの水谷さんありがとうございました。


明日は神保町まで・・・。久しぶりにお世話になった人たちにお会いできるので
楽しみでワクワクです。